3年に1度の歴史あるお祭り 2019年菅谷まつり 茨城県那珂市

立派な桜と「運」がつく名物料理が魅力の那珂市


那珂市は茨城県の中央よりやや北側に位置する市です。

那珂市にある静峰ふるさと公園は「日本さくら名所100選」に選ばれており、約2000本の八重桜やソメイヨシノに加え、シバザクラやツツジの栽培も行われています。

那珂市の名物料理で「七運汁」というものがあります。これは、「ん」(運)のつく食材(だいこん、にんじん、こんにゃく、うどん)などを入れて作ります。

凶作に悩む百姓が「「ん」(運)のつくもので汁をつくり、うどんを入れて食べたら運が付く」とアドバイスされ、七運汁を作り、食べたところ翌年は豊作になったという民話もあります。イベントなどで振る舞われていることが多いので機会があれば是非食べてみて下さい。

http://www.naka-kanko.jp/page/page000015.htmlより引用

 

菅谷まつりへ行ってみよう!


日時:2019年8月15日

場所:鹿島神社

アクセス:JR鹿島線 鹿島神宮駅より徒歩10分

     常磐自動車道那珂ICより車で約10分

http://www.naka-kanko.jp/page/page000087.html (那珂市公式観光HP)


『菅谷祭り』とは、茨城県那珂市で行われるお祭りで、別名『菅谷(すがや)の提灯祭』や『大助(おおすけ)まつり』とも呼ばれています。

呼び名は1999年までは『大助まつり』と称していたそうですが、2002年からは正式に『菅谷祭り』と呼ばれるようになったそうです。

このお祭りは那珂市菅谷地区にある神社、鹿島神社が遷宮された安政4年(1857年)から行われている由緒正しい伝統的なお祭りでもあります。

また、3年に1度、8月15日に行われるためレア度もとても高いです。

 

見所は火切り神事!


最大の見所は、炎をまとった盛大な神事です。

19時頃になると、各地区から9台、数百の提灯をぶら下げた山車が神社に繰り込みます。そして、20時頃になると神主により神剣で神火が切られ、7つの提灯がついた笹(七つぼんぼり)で神火がたたき消されます。

※詳しい動画はこちら

提灯祭りの中でも稀なお祭りです


提灯祭りは、非常に風情があるお祭りが多いですが、このお祭りはそんな提灯祭りの中でも盛大な炎を使った神事が見られる稀なお祭りですので、是非足を運んでみてはいかかでしょうか。

 

※アイキャッチ画像は全国観るナビより引用

(編集/千八乃)

関連記事

  1. 特集!!浅草鷲神社酉の市をご紹介!!

  2. 春らしく飾られた「家体」が特徴的 2018年弥生祭 栃木県日光市

  3. 2018年胡子構の見所をお教えしちゃいます! 広島県広島市

  4. 日本最古の夏祭り! 「愛染まつり」 大阪府大阪市

  5. 前橋初市まつりをご紹介します! 群馬県前橋市

  6. 平安時代にタイムスリップ!?2018年葵祭 京都府京都市