誰もが知る関西経済の中心都市 大阪市


東京に次ぐ大都市である大阪。ここ大阪市には旅行に訪れた方も多いと思います。関西の経済の中心であるここ大阪には多くの観光スポット・グルメが集い、連日多くの人で賑わいを見せています。

面積は47都道府県の中で下から2番目にも関わらず、日本の人口の約7%が大阪に住んでいます。また、日本に居住する外国人の10%は大阪に住んでいます。

大阪市は海外の多くの都市と盛んに国際交流を行っており、グローバル化が進む中で国際都市としても今後発展していくと思われます。

ガジェット通信より引用

浴衣を着て愛染まつりへ!


場所:勝鬘院 (大阪府大阪市天王寺区夕陽丘町5-36)

日時:2017年6月30日~7月2日

アクセス:地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘」駅5から徒歩2~3分

     JR「天王寺駅」から徒歩15分

http://www.aizendo.com/festival.htm (愛染堂勝鬘院公式HP)


愛染まつりは大阪三大祭の一つで、大阪の夏を代表するお祭りです。一般に6月30日からが夏祭りの始まりとされ、この日から浴衣を着始めることから、「浴衣まつり」の名称でも親しまれています。

愛染まつりは593年に聖徳太子が大乗仏教の意向を受け継いで始めました。歴史は1400年にも及ぶ日本最古の夏祭りとして知られています。平成27年大阪市指定無形民俗文化財に登録されました。

愛染まつりを盛り上げるのは12人の浴衣姿の「愛染娘」です。一般公募の中から選ばれた女性が愛染まつりの中心となり、様々な活動を行います。元気で愛嬌があり、お祭りに参加したいという意気込みと3日間とPR活動日に参加できる人であれば、誰でも応募可能です。

愛染堂勝鬘院公式HPより引用

宝恵かごパレードが一番の見所!


宝恵かごパレードは、江戸の年号の「宝永」に因んだ宝恵駕籠に愛染娘を乗せて会場を練り歩くという愛染まつりのメインイベントです。「愛染さんじゃ、宝恵かご!」と言う威勢の良い掛け声と共に、最後に愛染堂の本堂前でかご上げされ、一層盛り上がります。

2日目にはミス愛染娘を決めるコンテストが開かれてたり、愛染娘の一発芸などを見ることもできます。

また、初日の夕方に浴衣で愛染まつりへ行くと、先着順で愛染娘から「ラブブレス」と呼ばれるブレスレットを貰えます。しかも、手を握って腕に巻いてくれるという嬉しいサービス付きです。

Journal4より引用

 

小雨が降ったらそのカップルは結ばれる!?


愛染まつりの期間中、小雨が降ります。通称「愛染ぱらぱら」と呼ばれ、愛染さんへのお参りの行き帰りの道中にこの愛染ぱらぱらに会うと、二人は結ばれると言われています。

大好きな恋人と浴衣を着て愛染まつりへ是非行ってみて下さい。愛染ぱらぱらに出会えると良いですね。

 

大阪三大祭


大阪府『住吉祭』

大阪府『天神祭』

 

アイキャッチ画像は春夏秋冬。より引用

(編集/千八乃)

関連記事

格式高い田植えの神事 2017年住吉大社御田植神事 大阪府大阪市

漆黒の中、神様を運びます 2017年あがた祭り 京都府宇治市

ミッキー・ミニーもお祭りに参加!? 2017年神戸まつり 兵庫県神戸市

一つのお囃子でも違うんです! 2017年水口曳山祭 滋賀県甲賀市

平安時代にタイムスリップ!?2017年葵祭 京都府京都市

川の中を胸まで浸かって神様を運びます!2017年お走り祭り 兵庫県養父市

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です