世界初、「和の趣」「日本らしさ」を基準に発信するメディア

 

昨今たくさんの「日本文化」「観光地」「イベント」を扱ったWEBメディアが生まれています。

しかしながら、そこで得られた情報を元に実際に触れてみると「なんか違う」。そんな経験をお持ちではないでしょうか?

そこで「matsuris」では、そのようなミスマッチを避けるべく、筆者が持つ“感性”を基準に情報を集めています。

matsuris編集部は主に「和の趣」「日本らしさ」を感じたスポットやイベントのみを特集し、

同じように感じていただける方のみをターゲットとして運営を行なっているという特徴があります。

「理由はわからないけど、なんかこれいいな」という気持ちをコンテンツから感じ取っていただき、

さらに現地に足を運んでいただく。このことを至上の喜びとして我々「matsuris」はこれからも邁進して参ります。

何卒、WEBマガジン「matsuris」を宜しくお願い申し上げます。

イベント・スポットを中心に。今後は「エンタメ」にも拡大。

現状「matsuris」で取り上げるほとんどのコンテンツは、お祭りなどに代表される「イベント領域」、温泉街などに代表される「スポット領域」が中心です。また通常記事とは別に作っている特集記事についてもこれらがその大半を占めている状況でございます。しかしながら我々「matsuris編集部」が考える今後の方針としては、その裾野を広げ、ゆくゆくは「エンタメ領域」も網羅したものにしたいと考えております。

また、ここで言う「エンタメ」とは具体的に、「アニメ」「漫画」「映画」「小説」「ゲーム」「舞台」等を指し、これらも積極的に取り上げていきたいと考えております。和の趣、日本らしさを感じられる「スポット」「イベント」「エンタメ」を網羅することで今まで知り得ることがなかった領域での魅力を発見することに繋がり、さらなる価値を提供することにもなると信じております。是非、「matsuris」のこれからにご期待下さい。

あなたも「趣深い “何か” 」について、一緒に語らいませんか?

あなたも「matsuris」を通して、自分で見つけた「日本の魅力」を発信してみませんか?「matsuris」が今一番必要としているものは「志同じくする情報提供者ならびに執筆者」です。小さいけど味わい深い縁日、地元の人しか知らない秘湯、自分しか知らないけど和風衣装の作り込みが凄い舞台劇など、世の中にはまだ出ていない情報を持ち、さらにはその素晴らしさについて語りたいという意志を持った人に是非活動に参加していただきたいと考えております。

「興味はあるけど忙しい」「文章なんか書ける自信がない」という方も是非お問い合わせ下さい。「ノリで今回限りだけやってみる」「文章自信ないけど取り敢えず」と言った気持ちで全然OK。また寄稿という形以外でも「ここでこのような催しをしているらしい」など、情報提供だけならできるというお話も大歓迎。大手WEBメディアで執筆経験を積んだライターがその情報を確認し、引き継ぎます。あなたも「趣深い “何か”」について語らいませんか?

お問い合わせ

お待ちしております!